インプラントによる咬合調整|埼玉県越谷市・川口市・草加市の歯科医院

2017-02-17

【治療前①】

【治療前②】

歯周病、元々の噛み合わせ、咬合高径の低下により、下顎前歯部が唇側に傾斜し始めてしており、審美的に機能的に問題があります。この様なケースはインプラントが第一選択になると考えております。

インプラント埋入後に仮歯を置き、先ずは噛める様にしていきます。

しかし骨吸収が大きい為に、最終的な上部構造は高床式の様になり、審美的に元通りにするのは、骨移植を併用しないと難しくなります。

また高床式ではなく、歯茎に密着するタイプでも可能ですが、その場合はインプラントの上部構造に歯茎色の構造をつける事で対応可能ですが、清掃性に欠けると言うデメリットもある事から、判断が難しい事もあります。

【治療後】

最終的な上部構造装着時です。本来は2歯分の距離なのですが、様々な理由よりインプラント2本で3歯作成しました。


カテゴリー インプラント