歯周外科処置によるフィステルの改善|埼玉県越谷市・川口市・草加市の歯科医院

2017-02-17

左下の奥歯、フィステル(膿の出口)があり原因を確認した所、被せ物の周囲に問題がありそれを除去するために歯周病の手術を行い上部構造の再製作する事になりました。

角度を変えた写真です。

歯周病の手術を行った際の写真です。骨が大きく吸収しているのが分かります。このケースでは元の奥歯と同じ形態での上部構造には戻せません。歯を2つに分割して残す事にしました。

歯を2つに分割して治癒するのを待ち、土台を入れた所です。

最終的な上部構造をセットした所です。

この様に根を分割したケースでは根と根の間の清掃性が悪くなるために、1本分の歯の距離で2本の小さな歯を並べて清掃性の問題を解決していきます。


カテゴリー 歯周病治療