痛みを抑えた・削る量の少ない虫歯治療|ふじた歯科医院 新越谷駅・南越谷駅から3分の歯医者 草加市 川口市

048-986-6480 駐車場4台完備 診療時間 9:00~19:00 休診日 水・日・祝
〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-21-13

Caries / 虫歯・根管治療

可能な限り 痛みを抑えて 削る量が少なく 美しく

+ふじた歯科式-可能な限り「痛みを抑えた」歯科治療

img01

「痛み」は誰にとっても嫌なものですよね。

最近では歯科医療も進歩し、可能な限り痛みを抑えた治療が可能になっています。

ふじた歯科式の「可能な限り痛みを抑えた歯科治療」をご紹介いたします。

 

Step1 表面麻酔

事前に、注射する部分に麻酔液を塗ります。

これにより注射時の痛みを抑えます。

表面麻酔

 

Step2 「極細の針」を使用

蚊に刺されても痛くないように、針が小さければ小さいほど

痛みは抑えられます。

当院では太さの細い針を使い、ソフトに注射することで痛み

を抑えます。

針

 

Step3 経験とテクニック

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となり

ますので、ゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していく

ことが大切となります。また、可能な限り粘膜を張り、

痛みを感じる神経を一定箇所に集中させることで

針が神経に触れないような工夫も当院では行っています。

診療

 

また、患者様が治療を嫌がる理由として

「歯を削る時の」があります。

当院ではこの「音」に対しても配慮をしています。

具体的には「5倍速コントラ」とう機器を使うの

ですが、通常の歯を削る機器よりも「5倍」の速さ

で回転しますので、その分、機器の音が格段に

小さくなります。

その他、「早い回転で削る」ということは「ブレ」が

少なくなるため、歯を削る量も少なくできます。

そして、「歯を削る時の振動」も通常よりも軽減され

ますので、患者様には好評をいただいております。

5倍速コントラ

 

 

 

+ふじた歯科式-可能な限り「歯を削る量の少ない」虫歯治療

人間の歯は一度削ってしまえば元に戻ることは二度とありません。

そして、歯は治療すればするほど寿命が短くなります。

当院では、長期にわたってご自身の歯で健康に生活して頂くために「可能な限り削る量を少なくする」ことをモットーとしており、そのための設備を整え、治療技術を学んでまいりました。

本章では、どのようにして、可能な限り「歯を削る量を少なくする」をご紹介します。

 

 

こだわり1.データで虫歯の有無を判断-ダイアグノデント

ダイアグノデント

この装置は初期虫歯の発見に大きな効果を発揮します。

初期段階の虫歯には痛みがなく、かつ、経験豊富な

ドクターでも判別しにくい特徴があります。 そこで

活躍するのが「ダイアグノデント」です。この機器を

使うことで、熟練した歯科医師でも発見が困難だった

小さな虫歯を早期に発見することができるように

なります。また、着色なのか、虫歯なのかを目で確認

できない場合もこの機器を利用することで判断が可能

となります。これにより、虫歯の拡大・進行を事前に

察知し、また、以前までは削ってしまっていた歯を

削らずに済むことが可能になっています。

 

 

こだわり2.虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。

虫歯治療を行う上で大切なのは、

虫歯に感染した部分を除去することですが、

通常は虫歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を

削っていきます。しかし、この方法では、感染部位

を正確に除去することはできません。

しかし、このう蝕検知液を使うと、

感染した部分が赤く染まりますので、

どこまで虫歯を削ればよいかがわかり、

歯を削る量を可能な限り抑えることができます。

 

 

こだわり3.ほとんど歯を削らずに「薬」で治療する「3Mix法」

3Mix法

3Mix 図

虫歯治療というと「歯を削り虫歯を除去する」のが一般的

ですが、最近ではこのような手法以外にも、「」を使い、

虫歯菌を死滅させる治療法(3Mix)が存在しています。

3Mix法は、歯を少しだけ削り、虫歯のある箇所に3種類

の抗菌剤を置き、詰め物で蓋をし無菌化します。

こうすることで虫歯菌を死滅させ、かつ、歯、本来の再生

力を取り戻させ修復する治療法です。

3Mixはメディアで紹介され、万能な治療法というイメージ

を与えていますが決してそのようなことはございません。

すべての症例で治るとは限らず、症例によっては3Mix以外の治療を必要とする場合があります。

 

 

+ふじた歯科式-可能な限り「美しく」する治療

虫歯治療後には「銀色」の詰め物・かぶせ物を装着されると多くの方が思っていると思います。当院では患者様の「健康」、そして「口元の美」を考慮し、可能な限り銀歯を使わず、白い詰め物などで対応しています(メタルフリー治療)。

ビフォアー アフター1

価格は約6万円。銀歯の詰め物(インレー)をセラミック素材の詰め物(インレー)に差し替えた症例。
リスクとしては、過度の衝撃で割れることがある。

ビフォアー アフター2

価格は約10万円。銀歯のかぶせ物(クラウン)をセラミック素材の被せ物(クラウン)に差し替えた症例。
リスクとしては、過度の衝撃で割れることがある。

皆さんはあまり認識されていないかもしれませんが、銀歯を付けていると金属イオンが流出し、「体の健康を害する」ことがあります。例えば、「皮膚のかゆみ・かぶれ」「アレルギー性皮膚炎」「じんましん」「頭痛」「肩こり」などなど。

 

その他、「色が目立つ」こともそうですが、「歯茎に金属イオンが沈着」することで、見た目が悪くなってしまう事もあります。

 

美しく治療

当院では「自費治療」はもちろんの事、「保険治療」でも可能な限り金属を使わない白い素材で対応していますので、是非ご相談ください。

 

コラム「虫歯が原因の抜歯」を可能な限り回避します

「虫歯が原因の抜歯」を最小限にします

虫歯が過度に進行してしまった場合、通常は抜歯の

運命を辿ります。しかし、「エクストリュージョン法」

や「クラウンレングス法」を活用することで、ケースに

よっては抜歯せずに歯を残すことが可能になります。

今回は「エクストリュージョン法」を例に治療法を

ご紹介させて頂きます。

 

この方法は、歯根挺出術とも言い、矯正治療の1つです。

歯茎の下にある虫歯を歯茎の上に露出させることにより、かぶせ物の「土台」を立てることが可能になります。また、この方法は、抜歯しないで被せ物を作ることが出来るだけでなく、その歯の予後(経過)が良くなることが期待できます。

 

カット図

 

エクストリュージョンを行っている医院はそう多くはありませんが、当院では多くの治療実績があるため難しい治療だとは考えていません。 むしろ、可能な限り歯を残すためにたいへん有効な治療法だと考えています。「歯を抜かなければいけない」とされる状態でも、この治療法を用いれば、可能な限り歯を残せる可能性があります。歯をなるべく残したいとお考えの方は、一度、当院までご相談ください。

 

 

+個別相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

個別相談

インターネット予約

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-21-13

※ 最終受付18:30

 

 

+症例集

症例はこちらをご参照ください。

 

 

+料金

料金体系は料金表をご参照ください。