差し歯による前歯の歯茎の黒ずみに悩んでいる方へ |埼玉県越谷市・川口市・草加市の歯科医院

2017-07-10

差し歯周辺の歯茎の黒ずみが気になってしまい、人前で思うように笑えなくなってしまったな…と悩んでいませんか?

実は、このような状態のことをブラックマージンといい、被せ物や土台が金属で出来ているものが差し歯として入っていると、金属の成分が歯茎に流出してしまうことから起こるものなのです。では、この状態を改善するためにはどういった治療法があるのかといいますと、差し歯を作り変えることです。ただ、差し歯を作り変えるだけで改善されるかというとそういうわけではなく、被せ物や土台にも種類があるので、その状態に合わせたものを選択して作っていくというのが重要になっていきます。今回は、当院で実際にあった症例をもとにご紹介いたします。

 

症例~歯茎の黒ずみをなくしたい~

1.黒ずみの原因とは何か

写真をご覧頂くと、前歯の歯茎が黒ずんでいるのがお分かりかと思います。この黒ずみの原因は、被せ物と中に入っている土台が金属で作られているものなので、その金属の成分が歯茎に流出したことから起きたものです。

 

2.治療の流れ

まず始めに黒ずみの原因となっている金属の被せ物、土台を除去していき、仮歯を作っていきます。

 

次に、グラスファイバー製の土台をセットしていき、歯茎の状態を整えるために精密な仮歯(プロビショナルレストレーション)を入れていきます。

 

歯茎の状態が整ったら最終的な型取りをしていきます。今回のケースは被せ物がオールセラミックなので、シリコンタイプの印象材を使用して型取りを行っています。set後の写真がこちらです。

 

治療後3年経った現在も歯と歯茎の境目が馴染んでいて、歯茎の色も綺麗に保たれています。

 

before                  after

今回の患者様は前歯2本のみの治療をご希望でしたが、隣の歯も被せ物で同じようにお色味を合わせていくことも、ホワイトニングでお色味も合わせることも可能です。


カテゴリー 審美歯科